【山吉屋オリジナル】未来猿人ヤマキチ ご先祖さま(ヘルメット、石斧付) 黒無彩色

価格: ¥6,500 (税込)
数量:
在庫:

お気に入りに追加 お気に入りに追加済

返品についての詳細はこちら

twitter

『未来猿人ヤマキチ』シリーズ「ご先祖さま」のクールな黒無彩色版が登場!

今回は「ヘルメット」「石斧」「グローブハンド」が付属。

原型師: ヤマダマサミ &  山吉屋
サイズ: 約230mm
パッケージ:オリジナルデザインヘッダー、台紙、OPP袋
日本製

©2018 YAMAKICHIYA


「スプリングカミングだべ」

ヤマキチの朝は早い。
一番鶏も鳴かないうちに起きては縁側に立ち雄叫びを上げる。
一番猿になりたいのだそうだ。
それは異次元からやってきたヤマキチがこの世界で生きている精一杯の自己主張に思えたが、こちとら大迷惑だ(花の女子高生)。
そんなヤマキチが今日はガラガラ雨戸を開けてもいつまで経っても雄叫びをあげない。
一番鶏が、今日は勝ったとばかりに何度も啼き声を上げていた。
布団の中でジッと身構えて待っているあたしはいよいよ我慢が出来なくなって、部屋を出た。
「なによ、さっさと大声出しなさいよ!」

ヤマキチは誰かと会話しているようだった。
「ヤマキチ、スプリングカミングじゃ」
どこからともなく声が聞こえた。
いきなり目の前が青白く光った。
なによ、幽霊! オカルトなの!?
「ご先祖さまだべ」
もやもやの中に人物らしきが蠢いた。
そのシルエットがだんだんはっきりしてきた。
ヤマキチが話しかけている。
「ご先祖さま何言ってんだべ、もう秋だべ」
「比喩じゃ」
「冬?、んだがら秋だべ」
「。。。。」
目の前に現れた青白い光は威厳ただよう老人、老猿?の姿をしていた。

ヤマキチ、なによ、誰なのよ。まさか、そいつもここに住もうってんじゃないでしょね。

ヤマキチが言うには遥か昔の大戦を戦い抜いた歴戦の英雄で、今も霊体となってヤマキチを導いているのだそうだ。
どうやったらそんなことできんの。。
「葡萄の術だべ」
葡萄の術??
「こないだ葡萄もぎしたべ、あれが儀式よ」
葡萄狩り、儀式、何のこっちゃ。
「ヤマキチよぶどうではない、ブードゥーだ」
「。。。」
「ヤマキチよ、奴らの支配がこの時代、この地球にも及ぼうとしている。戦いの時じゃ」
「んだら、いよいよだべ!」
「ウキー!ウキーッ!」
チビも叫んだ。
ヤマキチは立ち上がり、次元の扉に消えて行った。
青白い光も、スーッと消えた。
こんな騒動の中でも、ママは寝ているようだ。
あたしも水を呑んで、また布団へ潜り込む事にした。

関連商品

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ